Apple WWDC 2019 まとめ

Apple WWDC 2019 こころぐ

心待ちにしていた ”Apple WWDC 2019”。毎年恒例の寝不足となりましたが、とてもワクワクさせてもらった基調講演でしたよね! 今回のWWDC2019基調講演で発表された各項目をメモがてら箇条書きでトピックスにまとめてみました。秋のバージョンアップ後に、進化した数多くの機能について、あれやこれやと試していきたいと思います。とても楽しみです!

Apple公式サイトリンク先一覧

トピックス(メモ)

Apple TV

  • PS4 / Xbox One Sのコントローラに対応。Apple TVゲームがより手軽に楽しむことができる
  • 秋にSFドラマシリーズなどのビデオサービスが独占配信予定

Apple Watch

  • 新たな文字盤のデザインが追加される
  • Apple Watch専用のApp Storeを発表。watchOSの新バージョンで、Apple Watchから直接ストア内から購入できる
  • オーディオブックアプリが実装される
  • ボイスメモアプリ(録音アプリ)が実装される
  • 周囲のノイズを計測(dB)できるアプリが実装される
  • 電卓アプリが実装される
  • ヘルスケア系のアプリが拡充される
  • Apple Watch単体で使えるアプリが拡充される

iOS13

  • パフォーマンス向上を強調
  • Face ID:30%スピードアップ
  • App Store アプリダウンロードサイズ:新規インストールの場合50%減/アップデートの場合60%減
  • アプリの起動早さ:2倍スピードアップ
  • ダークモードが実装される(プリインストールアプリ完全サポート)
  • 位置情報のプライバシー:レギュレーションから外れているものはシャットダウンする機能が実装。安全なアプリの場合、一度許可すれば以降同じ操作は必要なし
  • ”Sign in with Apple” が新実装。Face IDログインで、不要なユーザーデータを相手に送ることはない。メールアドレスでサインインする場合、使用するメールアドレスを選べ、Appleがそのメールアドレスをランダムなメールアドレスに書き換えるサービス機能付き
  • ミー文字:より細かな見た目のカスタマイズが可となる
  • マップアプリがアップデート(Googleストリートビューライクの機能あり)
  • カメラ:ポートレートモードでの照明効果が調節可能に
  • 動画撮影でも、彩度や輝度、シャープネスや色調補正も調整可能
  • 動画の回転編集が可能に
  • AirPods 「Announce Messages」 新実装。iPhone受信のメッセージをリアルタイムにAirPodsがSiriで読み上げる
  • AirPods 友達とオーディオ共有可能に。片耳ずつで個々にコントロール
  • Siriが 「neural Text To Speech」 によりスムーズな話し方となる
  • iOS13バージョンアップ:iPhone 6s 以降が対象(iPhone 6・iPhone 5s には提供されない)

iPad

  • ローカルストレージ機能追加 USBメモリが使用可能に
  • 「iPadOS」が正式発表
  • 従来別枠だったウィジェット類が、ホーム画面上に同時表示
  • Slide Overの画面を下からスワイプアップで、アプリの切り替え可
  • Split Viewで 同じアプリ同士を同時表示可能に(従来は違うアプリでしか対応していなかった)
  • Safariで、デスクトップ版のWebサイト表示可
  • サードパーティのカスタムフォントの使用が可能に
  • 3本指スワイプ:Undo、3本指ピンチ:コピペなど。作業効率UP
  • Apple Pencil:レイテンシーが20msから9msへスピードアップ。より紙と鉛筆に近い書き心地へ
  • 画面上に「ミニキーボード」を表示させ入力可能に

Mac Pro

  • 懐かしのG5ライクの大根おろしのようなデザイン(排熱口のデザインが特徴的)
  • 最大28コアIntel Xeon、メモリは1.5TBまで拡張可
  • PCI Express復活
  • グラフィックボード:”Radeon pro 580x” から ”Pro Vega II” を搭載。2個連結可。さらに2個(計4枚)搭載可。新カード ”Afterburner” 搭載。60億ピクセルのレンダリングを1秒でこなす。8K動画が同時に3本、4Kなら12本同時再生可能でまさにモンスター
  • 電源 1,400W で電子レンジなみ
  • 本体 5,999ドル〜

Apple新型ディスプレイ「Pro Display XDR」

  • Mac Proと同じく大根おろしのデザイン
  • 32インチ 6016×3384 Retina 6K
  • HDR対応(HDRの上をいく!)
  • 視野角広い
  • 反射防止ガラス
  • 明るさ 常時1000nits、最高1600nits
  • Thunderbolt 3で6台駆動可(1億2000万Pixelの巨大環境)
  • 本体 4,999ドル(VESAマウンタやスタンドは別売り)

Mac新OS 「macOS Catalina(キャタリナ)」

  • iPadサブディスプレイ機能 「Side Car」 追加
  • iTunes:iTunes(音楽)、Podcast、Apple TVアプリへ分割
  • 友達やデバイスを探せる機能 「FindMy」 追加
  • 正式リリースは秋を予定

最後に

その他マイクラのARといった話もありましたが、主だった内容で止めておきたいと思います。走り書きとなり、抜け漏れや誤った情報を記載していることがあるかもしれませんので、あくまでもご参考までに。個人的には iPadのマウス対応とリマインダーの機能UPを期待していたので少し残念なこともありましたが、それを上回る発表内容で、ワクワクだらけのとてもよい基調講演でした。今年もこの場をお借りしてAppleさんへお礼を言っておきたいと思います。ありがとう! 秋の公開に向け色々と準備しておきたいこと満載です。

参考:Appleの知識を深めたい方はこちらから