Apple Watch 本体サイズ: 私が小さいサイズから大きいサイズへ変更した理由(38mm→44mm)

Apple Watch 本体サイズ 私が小さいサイズから大きいサイズへ変更した理由 生活向上アイテム

最近 Apple Watch を愛用されている方を多く見かけるようになりました。「おお!仲間仲間!」と思うのは私だけでしょうか? Apple Watch 単体だけでは、機能100%の威力を発揮しませんが、iPhoneと連携させることでiPhoneの通知を受け取ることができ、ヘルスケアによる心拍数の記録や、SuicaICOCAによる鉄道やバスの利用、IDQuickPayをはじめとする電子マネーによる買い物など、その他数多くのことができることから、私たちの日常生活をより豊なものにしてくれます。ただ悩ましいことに、Apple Watch には、大きい方と小さい方の2種類のサイズがあります。いざ購入しようとした場合、5万円近くの製品ですし、特徴などを事前に調べて納得した上で購入したいものです。 私自身、小さい方のサイズでデビューし、その後の買い替えで、大きい方のサイズを購入しました。 そこで今回は、買い替え時にサイズアップした経緯があることから、その選択をした背景などについて、ご紹介していきたいと思います。

はじめに

AppleWatchには2種類のサイズがあります。最新のSeason4は、44mmの大きい方と40mmの小さい方といったラインナップになっております。ここでいう44mm40mmというのは時計本体の縦方向の外形サイズを表しており、腕の太さ方向のサイズを示しています。一般的に腕の太い方は、44mmといった大きいサイズの方を、腕の細い方は、40mmといった小さいサイズの方を選択をされる方が多いです。
私はAppleWatchを2本所有しており、初回は Season2 38mm を購入。Season4 への買い替えのタイミングで、44mmにサイズアップすることにしました。高価なアイテムなので買うからには覚悟が必要となります。両サイズを購入し使ってみたからこそ、見えてきたこともあります。買ってしまってから「ああ。こっちにしておけばよかった・・・」なんてことにならないよう、ぜひ参考にしていただければと思います。

6/4開催「WWDC 2019」で発表された新機能はこちらから(watchOS 6)
Apple WWDC 2019

Apple WWDC 2019 まとめ

2019年6月4日
9/11開催「Appleスペシャルイベント」で発表された新機能はこちらから(watchOS 6)
【最新機能まとめ】Appleスペシャルイベントまとめ(iPhone/iPad/Apple Watchなどの最新機能一覧)

【最新機能まとめ】Appleスペシャルイベント(iPhone/iPad/Apple Watchなど:最新機能一覧)

2019年9月11日

カタログ比較

Apple watch compare
引用元:Apple公式サイト
Season4とSeason2の本体サイズについて
Season4とSeason2とで表示領域(画面サイズ)が異なりますが本体のサイズ(厚み除く)は同じです。
・Season4 44mm = Season2 42mm
・Season4 40mm = Season2 38mm
Apple Watch
Season 4
44mm
Apple Watch
Season 2
38mm
本体サイズ [mm]
縦 x 横 x 厚さ
44 x 38 x 10.738.6 x 33.3 x 11.4
ディスプレイ
368 x 448ピクセル 
表示領域:
977平方ミリメートル
272 x 340ピクセル 
表示領域:
563平方ミリメートル
本体重量 [g]36.728.2
価格48,800円〜(税別)37,800円〜(税別)

比較値

”GPSモデル” での比較値となります。他にも”GPS+Cellularモデル” もあります

特徴

Apple Watch 本体サイズ 私が小さいサイズから大きいサイズへ変更した理由 特徴

カタログスペック上、大きいサイズの方が8g重く、価格も約1万円高いです。また表示領域も広いです。(当たり前ですね!)

機能的な違いを見ると、特に大きな差異はありません。細かなことを言い出せば、本体サイズの違いによりバッテリ容量も違いが出てきますが、モニタには省電力性の高いOLEDが採用されており、画面のON/OFF切り替えについても、とてもシビアにコントロールされる設計となっているため、実使用上バッテリの持ちについての問題は感じられません。通常の使い方であれば、2日間は充電なしで使える感覚でいます。

価格差(2019-09-03現在)

現行のSeason444mm40mmの価格差は3,000円となっており、大きい方と小さい方の価格差がほとんどなくなってきています。(44mm48,800円~ / 40mm45,800円)

私がサイズアップした主な理由

Apple Watch 本体サイズ 私が小さいサイズから大きいサイズへ変更した理由 Appleの店員さんからいただいたコメント
  • 大きな文字で視認性がよかった(恥ずかしながら年齢と共に老眼の症状が出始め、手元の小さな文字が見にくくなったため)
  • 画面をタップする際の操作性がよかった(例えば表示されるボタンひとつひとつが大きくなったことで、指先を集中せずにラフな感じで操作することができる)
  • 本体の厚みが薄く進化したことから、腕につけてもバカでかい印象を受けなくなった(存在感がより自然になったことで、”どや!感” が薄れた)

購入前にやってもらいたいこと!

数値だけの判断で購入するのも1つですが、時計としての装着感については、個人個人で違いもあり感覚的な判断が必要となります。AppleStoreや家電量販店(ヨドバシやビックカメラなど)で、実機を装着することができます。

実機確認が難しい方は、厚紙や段ボールなどを購入を考えている本体と同じサイズにカットし、腕の上に置いて、サイズ感を確かめるようにしてください。

Apple Storeの店員さんからいただいたコメント

Apple Watch 本体サイズ 私が小さいサイズから大きいサイズへ変更した理由 サイズアップした主な理由
  • 腕が細くない限り、操作性の観点から大きい方のサイズをおすすめしている
  • 最近は女性でも大きい方のサイズを購入される方が増えている
  • Yシャツを着る方は、袖口をボタン留めすると狭いので、小さいサイズを購入される方も多い(大きい方だと見たい時に袖口に引っかかりやすい)
  • ジョギングなどスポーツをする方は、より軽い小さい方を購入される方が多い
  • 「おらおら感」や「どや感」を出したい方は、大きいサイズを購入される方が多い
  • 逆に「おらおら感」や「どや感」を出したくない控えめな方は、小さい方のサイズを購入される方が多い
  • 男性の方であれば初めに価格の安い小さい方を購入いただき、気に入れば何年後かに大きい方へ買い替えていただく。そして、使わなくなった小さい方は、奥さんに「健康にいいからね!」と譲る形にしておいて、少しだけ軍資金を得る(笑)

両サイズを実際に使ってみて私が感じたこと

男性女性と問わず、腕の細い方や、控え目な方、さりげないお洒落を好むような方は、小さいサイズの方がいいかと思います。実際に大きい方を腕に置いてみて、デカ!と感じたのあれば、その第一印象は正しいと思います。ちなみに大きいサイズはベルトの長さも長くなり、ズボンのベルトと同じように、腕に巻いた後、少なからずともお釣りが出ます。グローバル展開されていることから、体格の大きい海外の方と共通の仕様となっているため、日本人からすると、やや大きめのサイズになっている感があります。最近テレビ番組に出演されている方も Apple Watchをされている方が多くなってきています。女性をはじめ、やはり細身の体や腕の細い方が大きい方を装着していると、Watchが主張し少し目立っているような印象を受けます。5万円近い買い物となります。こういった背景からも、実機による確認をおすすめしますが、最近であれば、周りにAppleWatchをしている方が増えてきているので、お店に行かなくても、「ちょっと試させて!」と相談すれば、こころよく装着させてもらえるかと思います。(Appleファンの繋がりに勝るものはありません!)

最後に

Apple Watch 本体サイズ 私が小さいサイズから大きいサイズへ変更した理由 最後に

いかがでしたでしょうか? 今回はAppleWatchの購入を考えている方は、初めに必ずぶち当たるであろう「サイズ選び」に関する私なりの情報でした。私は2台持ちしているとご紹介しましたが、朝の歯磨き後に大きい方を装着し職場へ出向き、仕事を終え帰宅。入浴前にようやく外し充電器へセット。入浴後、小さい方に切り替えて装着。その後就寝。翌朝歯磨きをした後、小さい方を充電器へセットし、大きい方へ切り替え。といったように、入浴時以外24時間装着したままの状態です。つまり、心拍数や睡眠時間、運動量など、常に記録され続けています。たまに体調が悪い時があります。そのような時は決まって、心拍数の平均値が高くなっているか、睡眠不足によるものが多いです。このように記録を追うことで、原因に目星を付け、改善の手に打って出ることができます。特に意識するようなことはなく、Apple Watch を手にしているだけで、記録がとれるいい時代です。ドライブレコーダーではありませんが、何か事が起こった時に、その前後の状態といったものを確認できる技術、これからも増えていくといいですね! Apple Watch には、ここでは紹介仕切れないぐらいの、人をサポートするための機能が数多くあり、今後も増えていくでしょう。人と機械が支え合える関係、確実に現実の世界へと変わりつつあります。