誰でも簡単。初心者に超おすすめ! ”サビキ釣り” で豆アジGet!

サビキ釣りで豆アジGet リフレッシュ

春の陽気に包まれ、いよいよ釣りシーズンの到来! 私自身2014年に釣りを始めたのですが、今だにサビキ釣りをメインに楽しんでおり、他にも様々な種類の釣りがある中、長い釣り人生「サビキに始まり、サビキに終わる」といっても過言ではありません。その楽しさを少しでも多くの方に知ってもらいたいという思いから、初心者に超おすすめ! 誰でも簡単に楽しめる ”サビキ釣り” について、今回はご紹介したいと思います。

はじめに

釣りを始めようと思うきっかけは、ふとした時に訪れます。かつての私もそうでした。これから1からのスタート。道具もまだ手元にない。といった方々を思い浮かべながら、できる限り初心者目線で ”サビキ釣りの方法” について、お伝えしていきたいと思います。

想定される対象者

  • 釣りをした経験がなく、これからやってみたい方

  • ファミリーでお子様などに、釣りの楽しみを教えてあげたい方

  • 子供の頃に親と釣りをした経験があり、最近またやってみたい方

  • あらためてサビキ釣りについて見直してみたい方

サビキ釣りのメカニズム

サビキ釣りの仕掛けは細かい話をすると ”関西方式” と ”関東方式” で少し違いがあります。これから紹介していくのは初心者に優しいと思われる ”関西方式” の仕掛けをベースに、魚を釣り上げるまでの過程を説明していきたいと思います。

仕掛け

サビキ釣りの仕掛けは下図のようになります。(パワポでイラスト描いてみました!仕事以外でも使えるんだ。うれしい!)

図:サビキ仕掛け(下かご、上かご)
大きな特徴として、関西方式は下かご、関東方式は上かごとなっています。部品点数が少なく、おもりが仕掛けの最下点となる1点に集中している関西方式の方が、操作性がよく、仕掛けがもつれるといったトラブルが起きにくいと言えます。(でました。エンジニア観点!)

釣り方

コマセをかごに入れる。

図:工程1 コマセを入れる
コマセ:サビキ用の餌のこと。 ”アミエビ” と呼ばれることもある。細かなエビで強い匂いがあり集魚力抜群。細かすぎるので針につけるといったことはなく、主に撒き餌用として使われる。
コマセは汁も含め、強い匂いを発します。車や衣服へ付着しないように十分に注意してください。 一度付いてしまう水だけでは簡単に匂いがとれず洗剤の力が必要となります。特に真夏に車の座椅子なんかに付けてしまった日には、あなた・・・

仕掛けをボトムまで落とし、リールを23回巻き上げ仕掛けを浮かす。

図:工程2、3 仕掛けを落とし少し巻き上げる
ボトム(bottom):”海底” のこと
一般的にアジはボトム付近。サバやイワシは表層付近でよく釣れます。

竿を23回しゃくり、コマセを振り出し煙幕をつくる。

図:工程4、5 竿をしゃくりコマセを振り出す
しゃくる(しゃくり):竿を上下させること

コマセの煙幕に魚が群がる。

図:工程6 コマセの煙幕に魚が集まる

魚がコマセと針を間違えてパックン!

図:工程7 コマセと間違い魚が針に食いつく

リールを巻いて魚を釣り上げる。おめでとうございます!

図:工程8 ゆっくりと仕掛けを捲き上げる
アジは口が柔らかいため急いで巻き上げると口が切れて針から外れてしまいます。せっかく釣り上げた魚を逃してしまわないよう、静かに巻き上げるようにしましょう!

最後に

このようにサビキ釣りはとてもシンプルな仕掛けと釣り方になっており、昔からこの釣り方は変わっていません。産業革命の初期となる1800年代から ”ねじ” が今も使い続けられているように、理にかなった極めてシンプルなものは、何年何百年経っても時代を超えて使われ続けており、このサビキ釣りについても同じことが言えると思います。仕掛けは単純かつ合理的で、たくさんの魚を一度に釣り上げることができます。サビキ釣りで釣り上げる豆アジは、唐揚げや南蛮漬けにすると味(あじ)もよく(シャレ?たまに出るなぁ。そろそろ叱られるぞ!)100匹前後といった釣果も期待できます。みなさんもこのサビキ釣りで、まずは始めの1歩を踏み出し、ぜひ釣り上げた魚を食べるところまでを満喫していただきたいと思います。次回はサビキ釣りをしていくための釣り道具について、ご紹介していきたいと思います。お楽しみに!(魚から近い方から順番にご紹介していく予定です。という意味で、今回は仕掛のご紹介でした。次回はリールかな?)