初心者必見!サビキ用のロッドはズバリ! ”ダイワ ロッド モバイルパック 665TMB” で

ダイワ ロッド モバイルパック 665TMB(ベイトモデル) 釣り

いざ釣りを始めようとした時、釣り具が山ほどありすぎて何を選んでよいのやら・・・。少しでも安くていいものを。調べれば調べるほど深みにはまり込んでいくのは私だけでしょうか。そこで今回は私が色々と考え購入にいたったロッドについてご紹介していきたいと思います。ここ最近の釣り具は女性でも満足できるようなスタイリッシュなものが多く、眺めているだけでも ”わくわく!” してきます。ぜひ一度は釣り具ショップやアウトドアショップに出向き、自分の目でも確かめてみてくださいね!

まずはロッドの分類から

並継竿

シマノ ロッド アドバンス イカダ

2ピースまたは3ピースといったように分割されたロッドを差し合わせることで1本のロッドとして使います。

振出竿

ダイワ ロッド リバティライトパック T10-240

ロッドの空洞部に細いロッドを数本入れ込んだ竿となっており、細切れのロッドを順番に引き出していくことで1本のロッドとして使います。ラジオやラジコンのアンテナのイメージといえば分かりやすいでしょうか。

並継竿と振出竿の特徴

  • 並継竿:軽くて感度が高いが仕舞寸法が長い
  • 振出竿:並継竿と比較し軽さと感度は劣るが仕舞寸法がとても短い

ここ最近、軽さと感度についてはレーシングカーや航空機で採用されている軽くて丈夫なカーボン材が採用されていることが多く、ひと昔前の釣り具と比較すると技術の進歩によって大きく改善しており、どのタイプのロッドでも大差がないように思えます。一方で仕舞寸法は物理的なサイズであることから、釣りをするシーン以外に、自分がどのように運び、どのように自宅で保管するのかといったことを購入前にしっかりと見極めた上で選択しておく必要があるかと思います。

私が選択したロッドはズバリ! ”ダイワ ロッド モバイルパック 665TMB(ベイトモデル)”

ダイワ ロッド モバイルパック 665TMB(ベイトモデル)

大きく3点が決め手となりました。

  • ダイワ(DAIWA)はシマノ(SHIMANO)と並ぶ最大手の釣り具メーカーで品質が高く信頼性抜群
  • ダイワとシマノの中で最も短い仕舞寸法50cm!持ち運びに便利
  • ダイワ製ベイトリール用の振出タイプの中で値段が最安
一般的なロッドの仕舞長さ:使用時は2m〜5mぐらいのロッドが主流で、仕舞サイズは軽く1mを超えるものが多いです。もちろんリュクに入れての移動を考えている方は半分以上は飛び出してしまうサイズ感。侍が刀を背負って歩いているぐらいのインパクトとなるでしょう。竿先折っちゃいます!
ロッドにはスピニングリール用とベイトリール用の2種類があります。自分がどちらのタイプのリールを使うのかを必ず事前に確かめてから購入するようにしてください。今回私が選択しおすすめしているロッドは ”ベイトリール用” となります。同シリーズでスピニングリール用もあります。

スピニングリールとベイトリールの違いは下記関連記事を参考にしてください。

最後に

川や海で、友達や家族、恋人などで過ごす楽しいひととき。もちろん単独で無の境地で没頭するもよし。解放されたときにしか感じることのできない自然を体いっぱいに受け止めて。そして最後には思い出を振り返りながら釣った魚を食べながらまた笑う。釣りはまさに人間の本能をも刺激する誰もが楽しめるとてもよい趣味になるかと思います。そしてサッカーなどとは違い走り回るわけでもないので、体力に自信のない方でもとことん楽しめます。これで仕掛けから始まりリールとロッドが揃いました。ここまできたら釣りをスタートすることができます。次回はいざ釣りをスタートしたものの、釣った魚を持ち帰るまでの方法や、これがあると超便利! といった ”ちょこっとアイテム” をご紹介していきたいと思います。お楽しみに!

シマノ ベイトリール バスライズ & ダイワ ロッド モバイルパック 665TMB(ベイトモデル)
いつも最後まで、ほんとありがとう!

参考:購入先リンク

広告